公益財団法人殉職船員顕彰会


お知らせ
太平洋戦争と戦没船員
戦没船員の碑
戦没・殉職船員追悼式
ご遺族や関係者への対応
当会保管の諸資料
徴用船の最期を伝える絵画と画展
刊行物などの紹介
当会設立と戦後殉職船員の奉安
当会の運営
殉職船員遺児への援護
リンク
トップページへ戻る
殉職船員遺児への援護
援護の目的
財政
給付の内容
支給者延員数

〇 援護の目的

 商船などに乗船中、海難や職務上の事故で殉職した船員の遺族の援護を目的としてその遺児に援護金を支給しています。
 (漁船員の方には漁船海難遺児育英会が実施しています)


〇 財政

 この援護の基金は、当会設立時に日本海事財団より寄附いただいた2億円の基金の運用益によって運営されることで発足しました。


〇 給付の内容

期     間 高等学校修了まで
支  給  額 1人月額8,000円
入学祝い金 小学校30,000円、中学校10,000円、
高等学校10,000円


〇 支給者延員数

 昭和58年より支給開始して以来、支給遺児延員数は、1,999人になります。

<遺児援護金支給状況⇒>